PickUP  [ 民間News ]

上田市 箱畳の第二期工業団地

◇市内企業1社と協議中
 上田市は、箱畳第二期工業団の造成計画で、1区画の分譲に対して、市内の企業1社と土地売買の協議を継続中だ。企業名は明らかにしておらず、市によると2022年3月議会もしくは6月議会での議決後に売買契約をする見通し。
 造成計画は、箱畳工業団地(丸子)の西側を拡張して、第二期工業団地として整備するもの。市内の工業団地は完売で、新たな企業の誘致を図るねらいがある。造成地の開発面積は約6haで、販売面積は1区画の約3ha。造成工事は2021年度内の完了を目指す。 

[新建News東北信版1月27日号抜粋]

前へ戻る

広告バナー