PickUP  [ 民間News ]

鹿島リース 松本市深志1丁目にホテル新築

◆S造10階建て延べ5336㎡、客室170室規模、設計施工は大和ハウス工業

 鹿島リース(東京都港区)は、「仮称・松本市深志一丁目ホテル新築工事」を計画。大和ハウス工業長野支店の設計・施工で、このほど着工し2021年6月30日の完成を目指す。
 施設はS造10階建て、延べ5336.94㎡の規模。建築面積631㎡、高さ34.32m、敷地面積1253㎡。基礎工法は杭基礎。
 建設場所は、丸善松本店の南側。もともと井上百貨店の契約駐車場だったところ。同場所は、中心都市景観区域のため、2019年11月から20年1月22日まで景観事前協議制度にもとづく協議を行っていた。
 ホテル建設に係る同制度による申出は、サンフロンティア不動産(東京都千代田区)が行っている。事業スキームは不明だが、ホテルの運営は、サンフロンティア不動産が行うとみられる。同社は本紙の取材に対して、ホテル名は明らかにしていないが、21年8月の開業、客室は約170室規模で計画しているという。県内には初進出となる。
 建設場所=松本市深志一丁目735番ほか

[新建News中南信版5月22日号抜粋]

前へ戻る

広告バナー