PickUP  [ 官庁News ]

飯田市 飯田市公民館と鼎公民館を耐震化

◇ホール、天井改修や耐震設計など

 飯田市は、耐震面で課題のある「飯田市公民館」と「鼎公民館」の改修に2020年度着手する。
 両公民館とも、ホール特定天井の落下防事対策工事を行う。工事中は、イベントや催しが実施できるよう、工程や工法を考慮して進める方針。ホールの利用予約の関係から、着工時期は20年度後半になるとみられる。
 飯田市公民館は、躯体部分の耐震補強に係る設計も実施する予定。発注時期は20年度に入って検討する。公民館等の今後のあり方を検討するため、工事着手の時期は現時点で未定。
 市内には、ホール機能を持つ施設が「文化会館」「鼎公民館」「飯田市公民館」−の計3施設あり、市民ニーズを考慮しつつ、あり方を検討する方針。
 20年度予算では、公民館整備施設改修工事に5054万円、公民館整備設計業務等委託に781万円を計上した。

【飯田市公民館】
 施設規模=RC造4F建て、延べ約3000㎡
 所在地=飯田市吾妻町139
【鼎公民館】
 施設規模=RC造4F建て、延べ約3600㎡
 所在地=飯田市鼎中平1339−5

[新建News中南信版3月26日号抜粋]

前へ戻る

広告バナー