PickUP  [ 民間News ]

千曲市 アクティオが八幡東に統括拠点

◆平屋9900㎡、中野・千曲などの工場を集約

 アクティオ(東京都)は千曲市の八幡東産業団地に「仮称・長野ちくまテクノパーク統括工場」を建設する。3月24日に公民連携事業として千曲市と協定を交わした。2021年度から整備に着手し、23年度の稼働を目指す。
 建設地は、平和橋の南西部で八幡東産業団地9.5ha。計画は平屋建ての工場約9900㎡を見込み、建設機械のレンタルとメンテナンス、ストックヤードのほか、資格取得に向けた人材育成の施設なども検討している。また、災害時には防災拠点として備蓄する機械を役立て、早期の復旧に取り組む考え。
 同社が整備するテクノパークは千曲市のほか全国に5カ所。このほか、県内には13事業所があり、統括工場を整備することで県内の5工場のうち、中野市や千曲市の工場を集約する方針。
 地域未来投資促進法に基づき整備を進めるもので、今後は市と連携して事業計画の策定、農振除外、造成工事などを進めていく。市役所で行われた調印式で小沼直人社長は「雇用の創出と災害時には建設機械のレンタルなどでバックアップし、地域に貢献したい」とあいさつ。岡田昭雄市長は「統括工場は災害から地域を守る拠点になる」と今後の事業に期待を込めた。

[新建News東北信版3月24号抜粋]

新着記事

前へ戻る

広告バナー