新建新聞社からのお知らせ  [ イベント ]

建設調査会/雇用管理研修を県内3回開催

基礎講習と向上コースの2種

 労働調査会は、厚生労働省委託の建設労働者雇用支援事業「雇用管理研修」(受講料無料)を、基礎講習とコミュニケーションスキル等向上コースの2種類にわけて全国で実施しているが、長野県内では基礎講習2回(長野と松本)、コミュニケーションスキル等向上コース1回(長野)を予定している。県建設業協会の協力を得て実施するもので、対象は雇用管理責任者や責任者を補佐する立場の人。

 日程と会場は、基礎講習が9月29日(木)長野市岡田町の長水建設会館、10月12日(水)松本市島立の松筑建設会館の2会場、コミュニケーションスキル等向上コースが11月17日(木)長野市岡田町の長水建設会館。定員は80人(先着順)。

 申し込みは、労働調査会雇用管理研修事業部(電話03−3918−5517)に所定の申込書をFAX(03−3915−7033)するか、特設HP「雇用管理研修」(関連サイト「詳しくはこちら」)から直接申し込む。

 終了後に修了証を交付する。テキストは当日、無料配布。昼食は各自で用意。

 建設業界では、高齢化の進展が著しく若年者の充足率が低く離職者も多いなど、次世代の担い手不足が大きな課題となっている。建設労働者雇用改善法(建設労働者の雇用の改善等に関する法律)では、建設業のすべての事業所に雇用管理責任者の選任を義務付け、雇用管理に必要な知識の習得および向上を求め、雇用管理責任者が職場内における雇用管理・人材育成に中心的な役割を果たすことを期待している。

関連記事

前へ戻る

広告バナー