新建新聞社からのお知らせ  [ セミナー ]

施工管理技士 合格対策講座を開講 建設管理センター

長野会場は11月21日JA長野県ビル

 建設管理センター東京事業部(東京都千代田区)は、11月から1/2級建築、土木施工管理技士などの資格取得に向けた「合格対策講座」を開催する。

 長野会場は11月21日にJA長野県ビル、東京会場は11月27日に中央大学駿河台記念館で開講。定員は長野会場50人、東京会場100人。定員になり次第締め切るため、早めの申し込みを呼び掛けている。

 有資格者の高齢化、今後の東京五輪関連工事の増加などにより、技術者の増員がこれまで以上に急務となる中、国土交通省は若手技術者を確保するため受験資格を緩和。改正建設業法では、業界を挙げて建設工事の担い手の育成と確保に努めることが責務として明記された。

 このような社会背景にあって、同センターは現場業務で時間の余裕がない受講生に対し、専任講師が試験に出るポイントを絞り込んで解説。短時間での合格レベル到達を支援する。

 開催講座は「土木」「建築」「電気工事」「管工事」「造園」の各施工管理技士。料金は1級が16万2000円(実地含む)、2級が12万9600円(同)。また「建設機械施工技士」は1級が9万7200円、2級が7万5600円となっている。CPDS認定講座で、キャリア形成促進助成金、建設労働者確保育成助成金も受給できる。

 問い合わせはフリーダイヤル(0120)145353。

関連記事

前へ戻る

広告バナー