新建新聞社からのお知らせ  [ セミナー ]

解体施工技士試験・講習会 受付

試験申込9月1日から11月7日まで 講習会の参加申込受付は10月以降 

 全国解体工事業団体連合会(全解工連)は、平成26年度の「解体工事施工技士試験」と「解体工事施工技術講習」の開催スケジュールを発表、試験申込書の販売と講習参加の申し込みの受け付けを開始した。

 同試験は12月7日に全国10会場で行う。申込受付期間は9月1日〜11月7日。10・11月の間に全国10会場で開く同講習会の申込期間は各会場の開催日の2週間前まで。それぞれ定員になりしだい締め切る。詳細は同連合会ホームページ(詳しくはこちら)を参照。

 県内では、協同組合長野県解体工事業協会(事務局:長野市南県町685−2、TEL026−219−2455・FAX234−5582)が、受験・受講申込書を1部650円でセット販売(送料別途)している。購入申込はFAXで事務局まで。

 解体工事施工技士は、全解工連が解体工事に関して一定の能力を備えた技術者を認定するもので、最近では同技士の配置を入札条件に加える自治体もある。また、今年5月には建設業法改正による業種区分の見直しで「解体工事業」が新設されることが決まったこともあり、県内でも同協会事務局への試験や講習に関する問い合わせが増えているという。

関連記事

前へ戻る

広告バナー