入札情報ナビ

文字サイズ変更 小さく 普通 大きく

HOME 工事結果検索 工事結果検索 委託予定検索 委託結果検索 マイ検索 アラート確認 シミュレーション

発注機関情報 [長野県]

【長野県】「公募型見積合わせ」試行 災害復旧工事を対象に12月から

 長野県は、早期復旧を要する災害復旧工事を対象に参加希望者と競争見積もりによる随意契約を行う「公募型見積合わせ」を、12月1日から試行した。

 対象工事の適用範囲は、大規模災害で復旧工事の急激な増加や労働力などの調達環境の変化など、需要がひっ迫した状況下で迅速な契約・工事着手が求められる、発災から概ね5カ月以内の公告案件となる。

 従来型の災害応急活動を評価する総合評価落札方式の場合は公告から落札者決定までは約32日間を要するが、今回試行の同制度では10日間短縮の約22日間で落札者を決定できることで、早期着手が可能になるとともに、共同企業体(復旧・復興JV)の参加も可能にしたことで不足する技術者の確保がしやすい環境も生まれる。

 また、発注側としては同期の公告案件の参加表明者リストを参考に速やかな見積依頼ができるとして、契約行為期間の迅速化・円滑化が期待されている。

 詳しくは、県公式ホームページの「長野県電子入札システムスタートページ」を参照。


  • 詳しくはこちら
  • 前へ戻る