PickUP  [ 民間News ]

松本市 (仮称)ケーズデンキ「松本宮田店」新築

◆施工はヤマウラ、売り場面積は4500㎡規模

 家電量販店ケーズデンキを運営する(株)北越ケーズ(野村弘代表、新潟県)は、松本市宮田の19号沿いに(仮称)ケーズデンキ「松本宮田店」の出店を計画、このほど大規模店舗小売店舗店舗立地法の届け出を提出した。施工はヤマウラ(駒ケ根市)が担当する。設計はノア設計事務所(新潟県)。
 計画によると、施設規模はS造平屋建て、延べ5512.55㎡。店舗面積は約4561㎡でバックヤードおよび男女トイレ等の共有スペースで構成する。建設地は、国道19号沿いにあるDVDレンタル・書籍販売の旧TSUTAYA「南松本店」跡地と南に隣接する信濃毎日新聞社「旧松本本社」跡地をあわせた約1万3400㎡(松本市宮田2−7)。敷地内には203台収容の駐車場を整備するほか、33台収容の駐輪場を完備する。施設完成は2020年6月21日の予定。同社の県内出店は7店舗目、中信地域では初出店となる。

[新建News中南信版11月12日号抜粋]

前へ戻る

広告バナー